早漏の原因

ストレスなイメージ

早漏には二種類の原因があると考えられます。一つが心が原因の早漏。もう一つは身体が原因の早漏です。ではその二つがどのように関係して早漏を引き起こしているのか、その原因を確かめてみましょう。

まず、心が原因の早漏ですが、特に若い男性に多いのが特徴です。つまり、セックスに慣れていないというコンプレックスがあり、そのせいで性的刺激に対して必要以上に興奮してしまい、我慢することができずに射精してしまうというものです。

また、早漏を改善するためにネットなどで情報を妄信してしまい、「自分は早漏なのでは?」と気にしてしまい余計に早漏になるというケースもあります。これは、マイナスプラシーボ効果というものですが、早漏をしてはいけないと自己催眠をかけて余計に過敏になってしまうのです。そして、自信を失ってしまい、早漏になってしまいます。

さらに、ストレスが原因の早漏というのもあります。その上、ストレスは勃起不全の遠因になります。早漏でバイアグラのような薬を飲んで勃起をしてまでセックスをしたいとは、普通の男性は思わないでしょう。

つぎに、身体が原因の早漏ですがこちらの早漏の原因は大きく分ければ2種類があります。それは、過敏性早漏・衰弱性早漏この2つが考えられます。

過敏性早漏は、ペニスが包茎の方が起こしやすい早漏です。亀頭が包皮でおおわれているということは、外的な刺激から硬い包皮が亀頭を守っている状態です。つまり、亀頭は刺激になれていないわけです。

衰弱性早漏は、加齢に伴い射精管閉鎖筋という筋肉の筋力が弱まってしまい射精してしまうということです。加齢や運動不足に伴い射精管閉塞筋が衰えてしまうと、お漏らしのように精液が出てきてしまうのです。

Copyright(c) 2018 早漏改善を通販で解決?医薬品を手に入れるコツと方法 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com