早漏を改善する

ガッツな男性

早漏を改善するためには薬の服用をお勧めします。それに適したお薬が世界で最初の内服早漏治療薬であり2009年にジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門であるヤンセン製薬が開発した『プリリジ―』という治療薬です。

「プリリジー」の主成分であるダポキセチン。薬剤としてはSSRIに分類されています。SSRIはうつ症状やうつ病、気分障害などの改善に使用される抗うつ剤です。ダポキセチンはSSRIで内服治療している患者の中で射精時間の延長、遅漏を訴えることが多かったため早漏改善効果があるとわかり、早漏予防の薬として開発されました。他のSSRIと違いダポキセチンは早漏症に適応がある薬剤で他のSSRIはさほど射精時間を延長しません。ダポキセチンは他のSSRIと比較し特異的に早漏に効果があることがわかっていて多剤と比べ圧倒的な射精時間の延長効果が知られております。

内服することで挿入から射精までの時間を3〜4倍延長させます。パートナーの満足度が約2倍になる効果が報告されています。射精のコントロールを改善させ、継続使用でプリリジーの効果が増強します。

プリリジーは性行為の1時間前に内服するお薬です。30?の場合24時間に1錠の用量で服用を開始し、薬の効果が不十分な場合24時間で2錠まで使用可能です。血中濃度のピークは1時間後で効果は3〜5時間ほど持続します。空腹、摂食後など食事の影響は受けません。

副作用の頻度は高くなく比較的安全な薬と言われています。最初下記の症状がみられても服用するうちに感じなくなる方も多いようです。頭痛・めまい・下痢・嘔吐・睡眠障害・倦怠感・かすみ目・のどの痛み・口渇・蕁麻疹などその他起立性低血圧を引き起こすことがあります。1〜10%未満と報告されています。

Copyright(c) 2018 早漏改善を通販で解決?医薬品を手に入れるコツと方法 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com